ホームページ制作契約について

ホームページはいまや当たり前の時代となりました。
ホームページ制作会社もめまぐるしく増え、競争も激しくなってきています。

ホームページ制作契約書を結ばないところも多いのですが、専門用語に関しては、共通の解釈もできない上、納品完了後の修正などどこまで受け付けるのかも曖昧になってしまいます。また、使用する画像等などについても第三者の知的財産を侵害していないかなど気になるところです。

保守契約についても契約書がなければ、何をしてくれるのかわかりませんし、どこから料金が別途発生するのかもわかりません。
このように曖昧なままだと、トラブルとなりかねません。
お客さん側に納得してもらい、気持ちよく契約ができるように契約書は作成しておいた方がよいですし、個々の事例によって、打ち合わせする内容も変わりますから、安易な雛形で済まさず、一度契約内容を確認するようにしましょう。

Copyright(c) 2011 NPO法人設立専門事務所 行政書士那須法務事務所 All Rights Reserved.