知的財産権について

これは海外との取引だけの問題ではないですが、やはり最近は特許権・著作権・商標などの知的財産権(Intellectual Property Right)の紛争が増えてきています。いったん紛争となると当事者間だけの争いだけでなく、第三者も絡んだ複雑な訴訟に発展することもあります。
そうならないためにも、製品に使用されている知的財産権が他者の権利と抵触していないかを契約前に確認しておくことは非常に重要です。

しかし、すべてを把握することは難しいので、 他者の権利と抵触していることがわかったときにどうするのかを規定し、対処することとなります。

工業所有権や知的財産権などと規定しますが、
工業所有権(Industrial Property Right)とは、特許庁に登録して権利発生する性格をもった、特許権(Patent)、実用新案権(Utility Model)、意匠権(Design)、商標権(Trademark)を一般的に指します。
知的財産権とは、この工業所有権に著作権 (Copyright)とノウハウ(Know-how)を加えたものになります。

Copyright(c) 2011 NPO法人設立専門事務所 行政書士那須法務事務所 All Rights Reserved.