仲裁合意条項(Arbitration)

Any dispute concerning this Agreement shall be settled by arbitration conducted by three arbitrators in accordance with the Arbitration Rules of the International Chamber of Commerce (the “ICC Rules”) in Tokyo.
the arbitral award may be entered in any court having jurisdiction over the Parties or their assets.
訳:本契約に関するいかなる紛争は、3人の仲裁人によって国際商業会議所の仲裁規則によって仲裁で解決される。仲裁判断は当事者あるいは資産に対して管轄をもついかなる裁判所においても執行することができる。

仲裁機関

  • 国際商業会議所
  • 日本商事仲裁協会
  • 中国国際経済貿易仲裁委員会(CIETAC)
  • American Arbitration Association  など

仲裁判断がされるまで裁判所に提訴してはならないという規定

No Party shall take any dispute or claim subject to arbitration hereunder to any court until any arbitration decision has been made, except that any Party shall have the right to institute any legal action for provisional relief pending final settlement bay arbitration.
訳:いずれの当事者も仲裁判断がなされるまで、仲裁に従うべき紛争や請求を裁判所に持ち込んではならないものとする。ただし、最終仲裁判断がなされるまで仮処分手続きを行う権利がある。

UNICITRAL(国連国際商取引法委員会)における仲裁の管理及び手続き規則

Copyright(c) 2011 NPO法人設立専門事務所 行政書士那須法務事務所 All Rights Reserved.